「うたたね歌仙」の著作権は「季語と歳時記の会」に属します。
第六十二巻 殺掠の世界の巻
【初折の表】
発句   殺掠の世界の隅に涅槃かな      山本桃潤(春)
脇     麦青みゆく祖国追はれて      遊歩(春)
第三   潮に乗りはるか沖へと流し雛     善子(春)
四     海の底から聞えるピアノ      文(雑)
五    真夜中の地震に目覚めて月光に    松太(秋・月)
六     納屋で寄添ふ案山子の家族     松太(秋)
【初折の裏】
初句   笑ひすぎて南瓜大王爆発す      光枝(秋)
二     突然停電二百万世帯        善子(雑)
三    シェルターで誰か弾いてるバイオリン 善子(雑)
四     テレビ電話に新妻の顔       酸模(雑・恋)
五    ひまはりの大地さ迷ふ人の影     酸模(夏)
六     白骨照らす月光涼し        酸模(夏・月)
七    木から木へ飛ぶ密林の猿の声     善子(雑)
八     不死草の花いづこに香る      光枝(雑)
九    どれもこれも気に食はぬなり肖像画  美津子(雑)
十     春の嵐の靴二千足         菊子(春)
十一   本堂に善男善女花の山        森恵(春・花)
折端    生まれ出てはや蠅飛び回る     光枝(春)
【名残の表】
初句   戦争の乳房つかみて赤子泣く     淳子(雑)
二     高地高原罌粟花ざかり       菊子(夏)
三    ひと夏の麦わら帽子色褪せて     善子(夏)
四     錠下ろしたる背徳の小屋      りえこ(雑・恋)
五    蠟燭の炎ゆらめくマリア像      一郎(雑)
六     奇跡の泉白く氷れり        光枝(冬)
七    コサックの悲しみ唄ふコブザール   酸模(雑)
八     馬に恋せし乙女やあはれ      光枝(雑・恋)
九    からからと座敷わらしの遊ぶ声    文(雑)
十     早稲の香清し陸奥の旅       陽子(秋)
十一   復旧の新幹線を月照らす       光枝(秋・月)
十二    今年は早き富士の初雪       光枝(秋)
【名残の裏】
初句   アフリカを離れて象のケニア老ゆ   恭子(雑)
二     涙のごとく星はまたたく      松太(雑)
三    青春のひとりぼつちの太平洋     遊歩(雑)
四     ジンベエザメのよぎる春暁     雅子(春)
五    花に寝て夢の中まで花吹雪く     櫂(春・花)
挙句    鐘ものどかに阿弥陀微笑む     淳子(春)

七 光枝
五 善子
四 酸模
三 松太
二 菊子 文 遊歩 淳子
一 山本桃潤(発句) 美津子 森恵 りえこ 一郎 陽子 恭子 雅子 櫂(捌)


第六十一巻 お多福の巻
【初折の表】
発句    お多福の顔をめざさん初鏡      善子(春)
脇      声はれやかに若戎売り       淳子(春)
第三    双六の見えきて遠き花の京      陽子(春)
四      千石船の綱手重たし        まき(雑)
五     鳥一声月夜の中洲ばうばうたり    まさみ(秋・月)
六      母恋しやと鬼の子の鳴く      酸模(秋)
【初折の裏】
初句    幾秋の地獄を生きて拉致家族     善子(秋)
二      口先ばかりアベの八年       まさみ(雑)
三     妻の座にふんぞりかへる蟇      櫂(夏・恋)
四      微笑で人を殺す大奥        松太(雑)
五     喉鳴らす膝の上なるペルシャ猫    慧(雑)
六      オリエント急行雪蹴散らして    一郎(冬)
七     ベルリンの壁ひえびえと月照らす   杳平(冬・月)
八      あらおもしろの「愛の不時着」   櫂(雑)
九     花鳥の楽園なれど地雷原       陽子(雑)
十      轟きのぼる龍蒼天へ        遊歩(春)
十一    子も孫も花守となり長き髯      恭子(春・花)
折端     天の香具山けさ春の山       櫂(春)
【名残の表】
初句    白妙の袖ひるがへし大御神      淳子(雑)
二      鈴からからと巫女はわななく    櫂(雑)
三     家に帰ればコンビニの娘なり     杳平(雑)
四      クール便にて届く嫁鰤       光枝(冬・恋)
五     婆捨ても爺捨てもあり老人ホーム   恭子(雑)
六      屍の空を禿鷹が舞ふ        森恵(雑)
七     金髪のハイエナ喰らふ十五歳     美津子(雑)
八      靴音凍るアウシュビッツ収容所  一郎(冬)
九     廃線のレールがつづく草の中     森恵(雑)
十      猪駆けまはる被爆地の村      善子(秋)
十一    皓々と月光轟く防波堤        まさみ(秋・月)
十二     あした一輪つひの朝顔       善子(秋)
【名残の裏】
初句    父は残り脱出のバス国境へ      櫂(雑)
二      残虐プーチン極悪の相       菊子(雑)
三     伊勢丹は節操もなくキャビア・カフェ 櫂(雑)
四      猫なで声で恋猫の鳴く       光枝(春)
五     赤ん坊も父も丸顔花疲れ       文(春・花)
挙句     春のうちからならぶ空豆      櫂(春)

七 櫂(捌)
四 善子(発句)
三 まさみ
二 陽子 淳子 杳平 恭子 一郎 森恵 光枝
一 まき 酸模 松太 慧 遊歩 美津子 菊子 文


第六十巻 蛸壷の巻
【初折の表】
発句   蛸壺の寝息きこゆる良夜かな        酸模(秋・月)
脇     風も吹かぬに揺るる瓢箪         恭子(秋)
第三   大阿蘇の噴火すさまじ天地揺る       酸模(秋)
四     初乳にむせぶ小さきみどりご       森恵(雑)
五    うたた寝に姿くづして藍ゆかた       善子(夏)
六     横綱もするアロママッサージ       櫂(雑)
【初折の裏】
初句  悠久のナイルへ炎ゆる陽は落ちて       りえこ(雑)
二    ネオンの灯るカフェ・フラミンゴ      櫂(雑)
三   オスプレイ頭上を過る基地の町        光枝(雑)
四    珊瑚の島は偏見まみれ           櫂(雑)
五   人間になれぬ人魚に海青く          善子(雑・恋)
六    かの雨の日の学徒出陣           雅子(雑)
七   ジヤングルに眠る白骨月涼し         酸模(夏・月)
八    阿弥陀如来のほのかなる笑み        櫂(雑)
九   無心する息子許すも三度まで         まき(雑)
十    鶯餅の餡にこだはる            恭子(春)
十一  花守が命かけたる花ひらく          善子(春・花)
折端   天地創造忙しき春             松太(春)
【名残の表】
初句  澄みわたる闇をハッブル望遠鏡        櫂(雑)
二    雪でまつしろ禅寺の池           一郎(冬)
三   沢庵のしつぽをきざむ朝ぼらけ        恭子(冬)
四    真人間になれよと出所           ひろし(雑)
五   今宵また夫婦でチゲの屋台曳き        善子(冬・恋)
六    明けの明星白くかがやく          櫂(雑)
七   神の子を産んだだなんて言い張つて      尾燈子(雑)
八    「なんてしつこい女性週刊誌!」      櫂(雑)
九   タララッタッタ、Vespaに乗つて街をゆく 光枝(雑)
十    秋の彼岸の俄か坊さん           光枝(秋)
十一  山奥に湖をたたへてけふの月         光枝(秋・月)
十二   愛たつぷりと煮るラ・フランス       光枝(秋)
【名残の裏】
初句  カルカッタ物乞ひの手が四方より       りえこ(雑)
二    がいこつたたき空也念仏          ひろし(冬)
三   蝕すすむ黒き太陽中空に           恭子(雑)
四    庭にぽつぽつ蕗の薹出づ          文(春)
五   今年こそ花の吉野に花見酒          酸模(春・花)
挙句   夢にうつつに朝寝百畳           一郎(春)

七 櫂(捌)
五 光枝
四 善子 恭子 酸模(発句)
二 りえこ ひろし 一郎
一 森恵 雅子 まき 松太 尾燈子 文