• 投句の訂正はできません。重複した投句は失格となります。システムが勝手に削除しますので要注意。
  • 投句締切は午後八時
  • ネット投句の会員であればどなたでも参加できますが、開始前にZoomによる歌仙レクチャー(約30分間)を受けることが条件です。
  • 途中から参加できません。
  • 締切は毎日夜8時です。時間を過ぎたものは候補句になりません。



    《連衆》玉置陽子、松川まさみ、密田妖子、松井恭子、高橋慧、上田雅子、三玉一郎、川辺酸模、喜田りえこ、青沼尾燈子、越智淳子、佐々木まき、安藤文、岩井善子、飛岡光枝、佐藤森恵、葛西美津子、楠原正光、川村杳平、おほずひろし、西川遊歩、湯浅菊子、北側松太、長谷川櫂(捌)
    二〇二二年五月十日~
    【初折の表】
    発句   今日何も彼もなにもかも春らしく   稲畑汀子(春)
    脇     選句四万みな麗らかに       一郎(春)
    第三   奴凧天下睨みて昇りゆく       まき(春)
    四     猫の屍を食らふ人影        文(雑)
    五    御簾上げて平安城の月さやか     りえこ(秋・月)
    六     声ほそりつつ路地の蟋蟀      妖子(秋)
    【初折の裏】
    初句   製鉄所無人地下壕秋深む       櫂(秋)
    二     暗黒宇宙に降りしきる雪      松太(冬)
    三    蛍手の茶碗に香るジャスミン茶    光枝(雑)
    四     腹探り合ふ総書記と書記      松太(雑)
    五    寝室ですつぽんぽんの美女が待つ   文(雑・恋)
    六     少年の眼がのぞく鍵穴       善子(雑)
    七    岩壁に青く妖しくひかりごけ     慧(夏)
    八     梅雨の晴れ間の月炎ゆるなり    松太(夏・月)
    九    淡々と完全試合へあと一球      恭子(雑)
    十     五匹の仔猫寝息すこやか      善子(春)
    十一   花守の一人聞き入る花の声      善子(春・花)
    折端    焦がしてしまふ木の芽田楽     淳子(春)
    【名残の表】
    初句   東京にミサイル警報鳴り響く     酸模(雑)
    二     杖取り落とす防衛大臣       雅子(雑)
    三    カルパッチョ生きのよさこそ初鰹   櫂(夏)
    四     午睡の夢によその女房       菊子(夏・恋)
    五    警策の一打くらひて飛び上がる    ひろし(雑)
    六     決して悟らぬ人のおろかさ     一郎(雑)
    七    一粒で効果てきめん制露丸      松太(雑)
    八     このごろ流行る誇大広告      まさみ(雑)
    九    念仏を唱へればみな往生す      光枝(雑)
    十     ぽんと開くは桔梗の花       光枝(秋)
    十一   月の句が月沈みてもまだできず    雅子(秋・月)
    十二    けさ紅葉みて昼は亡骸       杳平(秋)
    【名残の裏】
    初句




    挙句